洗顔のやり過ぎはトラブルの原因:50代以上は注意!

Woman is washing her face with her elbows

美容皮膚科で勤務するようになり最初は
ほんとにこんな洗顔方法でよいの?
などと思う事が良くありました

そして
肌が乾燥し痒みや赤みで受診する患者さんの多いこと

洗顔のやり過ぎが良くない・・
動画や美容雑誌などで記事にされていますが
それでもまだ間違った洗顔を続けている方が多いのが現状です

特に50代以上の方
個々によりますがほとんどの方が乾燥へ傾くお肌です

美容皮膚科で学び私自身も実際に実行し改善しています

肌の乾燥、痒み、吹き出物等で悩んでいるかたへ
洗顔のやり過ぎで起きる肌トラブルの原因
対策について解説します

肌の構造を知りましょう

上の図は表皮、真皮の構造です
皮膚の一番上が表皮です

表皮の最も外側にあるのが角質層で
最終的には垢になって剥がれ落ちます
何重にも層になった表皮細胞が次第に押し上げられ
角質層に移行して垢になるまでのターンオーバー周期が約28日です

正常な皮膚の表皮は
水分と油分(皮脂)によって外部からの異物が侵入するのを防ぐ
バリア機能を果たしています。

バリア機能を洗顔で取ってしまう方が多い

健康でない皮膚

一番上の角質層が剥がれているのが分かりますか?


正常な皮膚の表皮は
水分と油分(皮脂)によって外部からの異物が侵入するのを防ぐバリア機能を果たしています
しかし
乾燥してしまうと皮膚の表面から水分や油分が失われ
外からの刺激に無防備な状態になっています


つまり
ちょっとした刺激に対しても敏感に反応し
かゆみをもたらしてしまいます

洗顔のやり過ぎは何故いけないの

洗顔は、肌を清潔に保ち
毛穴の詰まりやニキビなどのトラブルを予防するために必要なスキンケアの一つです

しかし、洗顔をしすぎると肌に必要な皮脂まで落としてしまい
肌の水分保持能力が低下します


これにより
・肌は乾燥しやすくなり
・バリア機能が弱まって
・外部刺激に対して敏感になります

また
・皮脂が不足すると
・皮脂腺が過剰に分泌すると
・毛穴に皮脂がつまり菌が繁殖することもあります(吹き出物・ニキビ)
これらの状態は、肌トラブルを引き起こす原因になります

洗顔は基本1日2回

一般的には、朝と夜の1日2回が目安です
しかし50代以上や乾燥肌の方はなるべく

朝は、32℃前後のぬるま湯で洗い流すだけで良いでしょう


夜は、メイクをされている方はメイクや汚れを
しっかり落とすために丁寧に洗顔してもよいのですが
注意点があります

拭き取り洗顔
肌が動くほど強く洗う行為はやめて下さい
バリアが剥がれます

50代以上からは基本厚化粧はやめる事をお勧めします
化粧を落とすたびにW洗顔をしなければならない!
乾燥を助長します
それに老けて見える事もあります

肌に優しい粉ファンデーション・日焼け止めを使用するのが肌に負担がかかりません

私が愛用の洗顔、濡れた顔に塗るだけでモコモコと泡立ち
肌が動かなように優しく洗い流す
乾燥肌にはホワイトがお勧めです⇩

ワンストーンツーバーズ「だけじゃない洗顔」で、毛穴クリアに徹底洗浄

59歳になります
エンビロン歴今年で約9年、早寝早起きの習慣がさらに肌を落ち着かせています
毎日ノーファンデ日焼け止めと日焼け止めの粉で仕上げています

1回の洗顔で落ちます

日焼け止め塗布後のテカリ予防
こちらも1回の洗顔で落ちます

\ポイント最大11倍!/
楽天市場から探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング探す

洗顔のやり過ぎの原因

洗顔のやり過ぎの原因は、主に以下の3つに分けられます。

  1. 洗顔回数が多い
  2. 洗顔時間が長い
  3. 洗顔方法が間違っている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1,洗顔回数が多い

一日に何度も洗顔をすると、肌に必要な皮脂や水分を奪ってしまいます

皮脂は肌を保湿し、外部からの刺激や細菌を防ぐ役割を果たしています
水分は肌の弾力やハリを保つために欠かせません
これらが不足すると
肌は乾燥してカサカサになったり
敏感になって赤みやかゆみを起こしたりします

また、皮脂が減ると肌は逆に油分を補おうとして皮脂分泌が過剰になります
これが毛穴を詰まらせてニキビの原因になることもあります

一般的には、一日に2回程度の洗顔が適切です
朝はさっと水で洗うだけでも十分です
夜はメイクや汚れを落とすためにクレンジングと洗顔を行います

2,洗顔時間が長い

洗顔時間が長いというのは、一度に長く洗うということではありません
一度に長く洗うということも良くありませんが
それよりも問題なのは
クレンジングや洗顔料を肌に長く乗せておくことです

クレンジングや洗顔料は汚れを落とすために作られているので
肌に必要な皮脂や水分も落としてしまいます

特に泡立てた状態で放置すると
泡が皮脂や水分を吸収してしまいます

クレンジングや洗顔料は素早く肌に馴染ませてからすぐに洗い流すようにしましょう

また、泡立てネットなどでしっかり泡立てることも大切です
泡立てネットで作った細かくて柔らかい泡は肌への摩擦を減らしてくれます

一般的には、クレンジングや洗顔料を肌に乗せる時間は30秒以内
泡立てた状態で放置する時間は10秒以内にすると良いでしょう

ネットで泡立てふかふかの泡で洗顔したい方にはこちら👇

感動濃密!クッション美容泡洗顔
<RF28 クリーミーフォームウォッシュ EX>
つぶれない弾力のある「濃密美容泡」で肌をこすらず、つるんとなめらかなツヤ肌へ
初回限定キャンペーン中!

3,洗顔方法が間違っている

洗顔方法が間違っているというのは、主に以下の2つに分けられます。

  1. 洗顔力が強すぎる
  2. 洗顔後のケアが不十分

それぞれ詳しく見ていきましょう。

洗顔力が強すぎる

洗顔力が強すぎるというのは、手やタオルなどで肌を強くこするということです
肌を強くこすると、肌にダメージを与えてしまいます

肌にダメージを与えると
肌のバリア機能が低下して乾燥や敏感肌
ニキビなどのトラブルを引き起こします

また、肌を強くこすると肌の内部で炎症を起こし肌のくすみの原因にもなります
そのため、洗顔時は手やタオルなどで肌をこすらずに
肌が動かにように泡で優しく包み込むように洗うことが大切です

洗顔後のケアが不十分

洗顔後のケアが不十分というのは
洗顔後に保湿や保護を行わないということです

洗顔後は肌が一番乾燥しやすい状態ですから
すぐに保湿や保護を行うことが重要です

保湿や保護を行わないと、肌は乾燥してカサカサになったり
外部からの刺激や細菌に対して弱くなったりします

そのため、洗顔後は化粧水や乳液などでしっかり保湿し
日中は日焼け止めなどで紫外線や乾燥から肌を守るようにしましょう

まとめ

皮膚科の患者さんで肌が突っ張り痒みがある
顔を洗うと赤くなると受診されてきました

話をよく聞いてみると

乾燥しているのかな?
肌が痒くて突っ張った感じがするから
朝もしっかり洗顔している
化粧水が染みるので何も塗れない!

化粧水が染みるという事は
肌のバリアが剥がれており
少しの刺激でも敏感になっているという事です

洗顔方法の指導、痒みがあったので飲み薬と
非ステロイド薬を処方し
1週間後に受診した時には肌も落ち着いていました

基本は神経質にならずに軽く洗顔するだけでいいのです
そのためにも
肌の負担になる化粧品は避けて欲しいですね

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク